口臭の原因と予防

口臭の原因とは

口臭の原因にはいろいろなものが考えられるそうです。

もともと、口の中には雑菌がいます。
その雑菌が繁殖することで口臭を放つことが考えられています。
その原因のひとつには、唾液の分泌が不足していることです。

口の中が乾燥すると口の中の雑菌が繁殖するからです。

他にも口臭の原因は考えられます。
虫歯や歯周病がある場合です。
また、ずいぶん前に治療したかぶせものが、時間が経って歯に合わなくなっているとその隙間にたまった歯石や食べかすなどから、口の中が不衛生になり口臭の原因を作ることもあります。

日頃からの歯磨きや歯間ブラシの利用で清潔に保つことも大切ですが、口の中のチェックは定期的に歯科で見てもらった方が良いでしょう。
思わぬところに、口臭の原因があるかもしれません。

また、口の中の雑菌は寝ている間に増えるとも言われています。
寝る前の歯磨きの後に、洗口液を使うとさらに雑菌の繁殖を防ぐことができるかもしれません。

口臭といっても、口の中だけで解決できないこともあります。
いろいろと口臭予防や改善につとめても解決しない時は、専門家に相談しましょう。

口の中のことは、なんとなく後回しにしてしまいますが、口臭だけではなく、自分の歯を大切に長く使うためにも口の中の健康も気をつけたいものです。

口臭予防のために

口臭予防のために、さまざまな商品もありようですが、誰でもできる口臭予防は無いものでしょうか?

ある歯科衛生士の方に口臭予防のお話を聞いたことがあります。
その時のお話によると、口臭の原因はお口の中の雑菌にあるそうです。
この雑菌は、だれでも存在するものですが、口の中の唾液の分泌によって雑菌の繁殖を防ぐことができるそうです。
もちろん、虫歯の予防にもなるわけです。

唾液を分泌させるためには、「梅干し」などを発想すると、出てくることがわかりますね。
それ以外にも、お口の中で、舌を動かすことで唾液を分泌させることができます。

その方法も簡単です。
片方ずつ頬に舌を突き出すように動かします。
口の中で転がすように舌を動かしたら反対側にも同様に動かします。
次は、上唇と歯茎の間、下唇と歯茎の間も舌を動かします。

個人差はあるそうですが、これだけでも唾液が分泌されます。
このような口の中の運動をしてみることで、口の中の乾燥を防ぎ、雑菌の繁殖を予防することができるようです。

口臭予防ガムやお口の中を清潔に保つことはもっとも大切なことですが、自分でできる予防方法も日々続けていくと効果があるかもしれません。