除湿機の電気代って高い?種類と特徴について!

etc

gou14031001ジメジメ・・イヤですね

うっとうしい湿気をなんとかしたい!

と思っていたときに
家電量販店で除湿機を見つけました。

専用の除湿機ってどうなの?
電気代は高くないの?

とっても気になります。

特に、
ここ数年は「節電」という言葉が、
違和感なく生活の中に浸透してきてます。

電化製品の購入時も
必ずチェックする項目になりましたね。

そこで、
・除湿機のタイプと特徴と電気代
・衣類乾燥機にどれがオススメ?
調べてました。

あなたのご家庭でも除湿機は、

本当に必要か
なくても大丈夫かな

安くはない買い物の判断材料になれば
がんばって調べてよかったと思います。

gou-gorankudasai01

スポンサードリンク

除湿機のタイプと特徴は?

除湿機は、 空気中の水分を摂る方法により
大きく3つのタイプに分類されます。

それぞの方式の特徴を説明します。

コンプレッサー方式

 空気を冷やして結露した分を除湿する

長所

除湿能力が比較的高い

短所

動作音が大きい、

室温が低い時の除湿が苦手です。

本体が大き目で重め

デシカント方式

乾燥剤に空気中の水分を吸着して除湿する。

長所

動作音が小さい、寒いでも除湿能力が高い、

本体がコンパクトで軽い

短所

発熱量が多く部屋の温度が上がる(3~8℃程度)

ハイブリッドタイプ

1と2の長所を併せ持つタイプ。

長所

季節を問わず除湿能力に優れている

短所

価格が高い

除湿機のタイプで電気代が違う?

「木造約12畳、コンクリート約24畳タイプ」にて
比較してます

コンプレッサー方式

その名の通りコンプレッサーを使って
空気を冷やし結露させて除湿するので、
動作音も大きめで一見消費電力が高そうに思えます。

しかし意外にも消費電力は少なく
275wで1時間6.1円程度。

デシカント方式

乾燥剤を使用と聞くと消費電力が少なそうなですが実は逆。

乾燥剤がめいっぱい水分を吸いこんだら
ヒーターを使って乾燥剤の能力を再生するので、
ヒーターが消費する電力がかかる
440wで1時間9.7円程度。

ハイブリッドタイプ

両方の良い所をあわせもつので
消費電力は255wで1時間5.6円程度となります。

以前は電気代で考えると
コンプレッサー方式と言われていましたが、
技術が進みハイブリッドタイプに軍配が上がりました

 

エアコンは

1時間2.4~25.74円(強弱により異なる)です。

エアコンの除湿機能は
ほとんどが「ドライ運転」と表示されています。

基本的には弱での冷房を
運転と停止の繰り返しで除湿をしています。

メーカーや機種によっては、
「再熱利用」除湿という方法もあります。

スポンサードリンク

衣類乾燥にはどれがオススメ?

ところで、
除湿機の購入をするなら、
衣類の部屋干しも考えますよね。

衣類乾燥なら除湿機以外にも
選択肢はあります。

エアコン
浴室暖房乾燥機(浴乾)がそうですが、
なにやら電気(ガス)代が高そうです

実際はどうなんでしょうね?

そこで、
洗濯物約2kgを乾かした場合で比較してみました

  衣類乾燥
1回あたり
コンプレッサー 約9円
デシカント 約19円
ハイブリッド 約6.1円
ガス温水式浴乾 約53.5円
電気式浴乾 約85円
エアコン 約24円

ガス温水式浴乾は、
ガス代約50円、電気代約2~5円の合計の平均です。

エアコンは、
3時間切タイマー使用時

ここでも
ハイブリッドタイプの除湿機に軍配が上がりました

スポンサードリンク

最後に、

除湿機は、
購入優先度の低い家電製品です。

それでも、

・花粉時期の部屋干し
・梅雨時期の床のベタベタ感
・夏場のジットリ汗
・冬場の結露

など、
「嫌だな、うっとうしいな」と思う湿気
サラリと摂ってくれるのはありがたいですね。

製品によっては
決して安い買い物ではありませんが、
毎日のイライラの種を確実に減らせる便利家電です。

おうちの中と気持ちをサラリとさせて、
うっとうしい季節をがまんするのではく、
楽しめたらいいですね。 😮 

コメント