エアコンと扇風機の併用方法とは?節電にうってつけの方法!

夏(06月~08月)

gou14032001夏になると、
エアコンが大活躍です。

でも、でも

光熱費の節約。。。
節電。。。

気になります。

暑さを我慢ばかりしていても、
ストレスがたまりますよね(汗)

スポンサードリンク

そこで、そこでです。
良い方法があるんです。

それは、
扇風機を利用するのです。

えっえー、本当に?
と最初は私も思ったんです。

でも、なるほど!
と納得しました(^^)

 

では、

エアコンと扇風機を併用について
私が調べたことをわかりやすく
順番に説明します。

節電になり、
光熱費の節約にもなるので、
是非、あなたの家計にお役立て下さいナ(^^)

スポンサードリンク

なぜ、扇風機も?

お部屋で涼しいと感じるのは何故ですか?

そんなの
部屋の温度が下がっているからに
決まっているじゃないか!

と怒られそうですか・・・(汗)

もちろんその通りですが、
同じ室温でもさらに涼しく感じることができます。

それは湿度空気の流れです。

湿度の関係

梅雨時期などの
湿度と気温も高い時の、
ジットリとした暑さを思い出して下さい。

除湿したら肌がサラリとして
気分よく過ごせた事ありませんか。

 

湿度が快適だと
身体から出た汗がスムーズに蒸発するので
肌のベタベタ感も無くなります。

また蒸発時に身体の熱も奪ってくれるので
非常に快適に感じられるのです。

そして、空気の流れが大切!

この空気の流れが
「扇風機とエアコンの併用」と
非常に関係があるのです。

 

風で涼しくなるの?

空気が流れる=風
によって肌の水分(汗)が蒸発するのです。

そうすると気化熱で肌の熱が奪われ
体温の上昇が防がれて涼しく感じるます。

つまりキンキンに冷えた空気の中に居なくても、
涼しく感じれば人は快適に過ごせるのです。

風の流れで
簡単に快適に感じられるなら
これを利用しない手はありません。

 

人は風が直接肌に触れると、
体感温度が2℃下がると言われています。

夏の木陰で風が吹くと気持ちよく感じるあれです。

扇風機を動かして風を起こし
体感温度を快適にするという訳です。 

スポンサードリンク

扇風機は温度ムラをなくすため!

なぜ、扇風機を利用すると、
快適な室内になるのでしょうか?

 

それは、
冷たい空気は床付近に溜まるからです。

床に向かって扇風機を回すことで

室内の床付近と
天井付近の温度差がなくなる
ことが、
快適さにつながります。

 

さらに、
エアコン本体の
温度感知機能に対しても効果があります。

天井付近の下がった温度を感知して
フル回転運転を早く終了できるので
節約にもつながります。

 

これは暖房時にも有効です。

暖かい空気は逆に上の方に行くので
扇風機は天井へ向けてまわしてあげると、
温度ムラをなくすことができますよ。

扇風機が
お店で見かける天井のファン(シーリングファン)と
同じ役割をするんですね。

スポンサードリンク

エアコンの設定と扇風機の置く位置は?

室内の風を循環させるためには、
エアコンの風向き扇風機を置く位置にも
コツがあります。

これを押さえておけば、より快適に過ごせます。

エアコンは28℃に設定、
風向は水平で遠くへ風を送る感じに。

扇風機は下に溜まった
冷たい空気を拡散させたいので、
エアコンの冷風が降りてくる場所に置き、
やや上向けで動かします。

これで、
設定温度になるまでの時間が短縮されて
電気代が節約できます。

 

ただし、
部屋に日差しが差し込むような場合は
もう一工夫が必要。

 

エアコンは、
室温を設定温度に下げるまで
一番電力を消費します。

室温が上がり過ぎないように
簾(すだれ)やカーテンで日差しをさえぎることも
節約につながるポイントです。

 

そして、
設定温度になったら
扇風機の風向きを人へ向けると涼しさ倍増!

人は無風より風がある方が
2℃ほど涼しく感じるからなのです。

直接に風が当たるのがイヤな場合は、
扇風機を壁に向けて、
風を跳ね返させるのもいい方法です。

 

この方法は夏場だけでなく、
冬場も快適に過ごすことができます。

冬の場合は風を受けると寒く感じるので、
天井へ向けて扇風機を回します。

天井付近にたまる温かい空気を
床付近に流すことで温度ムラをなくして、
快適に過ごせるのです。

 

扇風機は一年中出しておくのが正解のようですね(^^)
まだ効果がありますよ!

 

次は、
気になる電気代についてです。

気になる電気代は?

エアコンでの設定温度を
冷房時は1℃高く暖房時は2℃低く
すると約10%の節約ができます。

例えば
エアコン(800W)を10時間使用すると、
電気代は約186円となります。

設定温度を1℃高くすると
10%の約18.6円節約です。

それに対して、
扇風機(50W)で10時間使用すると、
電気代は約11円です。

つまり、
エアコンを1℃高くして
扇風機を併用しても、

電気代は安くなります!

理屈でいうと、
エアコンの設定温度を高くするほど
節約できるということになります。

扇風機と併用することで、
エアコンの長時間利用も安心です。

梅雨時に洗濯物を早く安く乾燥できる?

では、
洗濯物を乾燥させる場合についてです。

「4.5㎏の洗濯物を室内で干す場合」
を調べた結果があります。(東京電力)

乾燥までの時間では、

除湿機→約3時間49分
エアコン単独→約2時間46分
洗濯乾燥機→約2時間10分

と比較してみると、
扇風機とエアコンの併用は約2時間
最も早く
洗濯乾燥機と同等の早さです。

 

次に乾燥1回当りの電気代では、

除湿機→25.1円
エアコン単独→33.6円
洗濯乾燥機→34.7円
扇風機単独→6.3円

 

扇風機単独ではダントツの安さですが、
乾燥時間は約7時間と非常に長いです。

 

 

以上からも
エアコンと扇風機を併用することで、
エアコン単独での電気代よりも安くなるので、

室内干しの衣類乾燥には
「扇風機とエアコンの併用」がオススメです。

ちなみに同じ条件で
家電を使わずに室内干しした場合、
8時間以上かけても
衣類は乾きませんでした。 

 

最後に

いかがでしたか?

「扇風機とエアコンの併用」が
かなり有効だと分かって貰えたでしょうか。

もし、
使っていない
扇風機があれば
今年の夏に利用してはどうですか?

 

家電量販店でも
インテリアにマッチするデザインの扇風機が
安価で購入でます。

 

涼しい風が流れている室内
・・・・・・・なんか気持ち良さそうでしょ(^^)

 

「扇風機とエアコンの併用」お試しあれ!

コメント