葛飾納涼花火大会2018の日程と観覧場所

夏(06月~08月)

gou14033101東京下町の風物詩の葛飾花火大会は、
今年は開催50回目です。

下町の花火大会とあなどるなかれ!

臨場感たっぷりの手じたるスターマイン、全国大会で総理大臣賞を受賞した花火も打ち上げられます。

 

2018年の開催は、
7月24日(火)です。

スポンサードリンク

葛飾花火大会の見どころは、

なんといっても、葛飾花火大会は、観客席と打ち上げ場所が近く迫力がある、ということです。

空に舞い上った花火を観るのではなく、打ち上がっていく花火を楽しめます。

他の花火大会では味わえない醍醐味ですね。

 

【大会プログラム】

●シーン1
葛飾花火名物、日本最古の花火「和火」を楽しむ。
※「和火」とは、花火に使用する火薬を外国から輸入できなかった江戸時代に日本国内にある材料のみで作った花火のことです。硝石、硫黄、木炭などでつくられているため、火の色は赤橙色のみとシンプルてす。

●シーン2
葛飾区にゆかりのある作品などをモチーフに葛飾区を表現したステージです。

●シーン3
音楽と花火の融合ステージです。毎年進化し続けているので今年はさらにグレードアップされています。

そして、
フィナーレは強烈な光とや音で大空を埋め尽くす大空中ナイアガラが圧巻です。

2012葛飾納涼花火大会 final&climax

スポンサードリンク

葛飾花火大会の開催情報は、

荒天の場合は翌日、翌日も荒天の場合は中止になります。

日程

2018年7月24日(火)
19:20~20:30

場所

葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

gou070402
↑クリックして拡大

打ち上げ数

今年は前年よも総発数が増え
約1万5000発です。

最寄り駅

京成電鉄柴又駅 徒歩10分
北総鉄道新柴又駅 徒歩15分
JR金町駅 徒歩20分

駐車場

なし

主催

葛飾納涼花火大会実行委員会
(葛飾区・葛飾区観光協会)

問い合わせ先

葛飾区コールセンター
(はなしょうぶコール)
03-6758-2222

スポンサードリンク

葛飾花火大会を観覧するには、

ぜひ、有料席で花火の打ち上げの醍醐味を味わって下さい。

有料観覧席

gou070401

・2人マス席7000円
・4人マス席10000円
・グループ席6人まで12000円

 

無料観覧場所

江戸川河川敷
gou070901

有料席の横にある土手は人気スポットです。新柴又駅から近い場所ならば混雑する場所の中でも比較的人も少なく楽しめます。

松戸側の河川敷・土手周辺も狙い目です。
葛飾側と比べるとかなりゆったり見れます。
ただ、放送が聞こえづらくなります。

 

帝釈天参道
gou070902

交通規制中なので比較的安全で、高い建物も少ないです。

まとめ。

会場周辺の道路全域で
17:30から22:00まで交通規制があります。

車を使用する場合は、
青砥駅、亀有駅周辺の駐車場を利用して
電車で会場に向かうのがいいと思います。

 


⇒★花火大会周辺の宿を見る。

⇒ゆっくり鑑賞なら【チケットぴあ】で席の確保がオススメです。icongou070905

 

コメント